「代謝の悪化」「便秘」「むくみ」の原因は、体に蓄積された毒素です。老廃物を排出するデトックスに注目!毒素によって起こる不調や、自宅でできるデトックス方法について、わかりやすく解説します。注意点も紹介するので、デトックスが気になる方はぜひ参考にしてください。

毒素が溜まる原因と対策!自宅で簡単に毒素を排出するデトックス方法まとめ

毒素を排出するための効果的なデトックス方法についてまとめました。

毒素を排出するデトックスは、美容や健康への効果で注目されています。しかし、様々な情報が流れており、本当に効果的な方法がわかりにくいのが現状です。

「デトックスとは」「毒素の悪影響」といった疑問に答えながら、本当に効果がある方法をお教えします。注意点もあるので、デトックスをスタートするまえに読んでくださいね。

デトックスとは体に溜まった毒素を排出すること

デトックスとは、毒素を体の外に出すことを言います。デトックスの比率は「便で75%」「尿20%」「汗3%」「爪と髪で1%」です。便秘だったり、汗を流す習慣がなかったりすると、毒素が溜まってしまいます。

「添加物」「排気ガス」「ニコチン」など、人の体は不純物や老廃物を溜め込んでしまう…。インスタント食品や空気など、いたるところに毒素は潜んでいます。

現代の日本で毒素自体を避けることは、絶対に不可能です。体には毒素を排出する機能が備わっていますが、キャパシティーを超えるとどんどん蓄積します。

さらに、「年齢」「生活習慣の乱れ」「運動不足」で、毒素を排出する働きはすぐに弱くなってしまう…。毒素を溜め込みやすい体質になれば、体に様々な悪影響がでてしまいます。毒素を排出するだけではなく、溜まりにくい体を作るのがデトックスの目標です。

体に「毒素」が溜まるとどうなる?

体に毒素が溜まると、新陳代謝が悪化してしまいます。細胞の生まれ変わりが遅くなってしまうので、体がどんどん老けてしまうのです。シミや肌荒れといったトラブルが、起きやすくなってしまいます。

基礎代謝も下がるので、脂肪をためこみやすくなる…。太りにくくなりますし、ダイエットをしても効果がなかなかでません。

血流が悪化して末端まで届きにくくなるので、体が冷えることも。冷え性はもちろん、余分な水分を溜め込んでしまうので手足がむくみます。

冷えと新陳代謝の悪化は内蔵にも悪影響なので、腸内環境は乱れがちです。便秘はもちろん、胃もたれもおいやすくなります。

腸内環境は免疫力と大きな関係があるため、風邪や病気にかかりやすくなってしまう…。便が毒素と一緒に体にとどまることで、アトピーやじんましんになることだってあるのです。

さらに、体調が悪化すれば、毒素を排出する働きは弱くなります。デトックスをしないと悪循環になるので、注意してください。

自分で簡単にできる!デトックスの方法6選

デトックス方法① ファスティング

ファスティング(断食)をして、毒素を分解する肝臓や食べ物を消化する胃腸を休ませましょう。食事による負担を減らすことで、内蔵の機能をリセットできます。

期間は1日~3日ほどで、前は「準備食」後は「回復食」をとってください。休日を利用しておこなうと、続けやすいと思います。

また、断食中も水分をたっぷりとること!体調が悪化しない限り、水以外の飲食はたちましょう。長い期間おこなうと体調が心配なので、やりすぎは厳禁です。

デトックス方法② デトックスウォーター

デトックスウォーターは、カットしたフルーツや野菜を入れたミネラルウォーターです。ミネラルやビタミンが溶け出し、毒素の排出を促します。入れて3時間ほど冷やして待つだけなので、誰でも手軽にスタートできるのが魅力です。

ただし、農薬をつかった野菜や果物は逆効果!無農薬のものを選ぶか、皮を完全にむいてくささい。美肌にはいちご、ダイエットにはグレープフルーツがおすすめです。

デトックス方法③ 水分補給

水分が不足すると尿や便がでにくくなります。水分をたっぷり補給すれば、毒素が排出しやすくなる!毒素の吸収を抑えたり、発汗を促す効果があるので、1日に1.5リットル以上は飲みましょう。

不純物があるので、なるべくミネラルウォーターで。冷たい水は体を冷やしてしまうので、なるべく常温で飲むようにしてください。運動をした前後に飲めば、効果が倍増しますよ。

デトックス方法④朝起きてすぐ白湯

寝ている時には大量の汗をかいているので、十分な水分補給が必要です。白湯は体への負担が少なく、体を温める効果もあります。体温があがることで、基礎代謝もアップ。新陳代謝による毒素の排出や、胃腸の働きを優しく促します。

沸かす時間は10分から15分ほどで、少し冷ましてから飲むようにしてください。時間をかけてゆっくり飲めば、胃腸に負担がかかりません。飲みにくいようなら、少しだけハチミツやレモンをプラスしてもOKです。

デトックス方法⑤入浴では湯船につかって発汗

お風呂にしっかりつかって発汗すれば、老廃物も一緒に流れていきます。むくみや冷え性の改善にもつながるので、汗がでるまでしっかり浸かりましょう。

時間は10分~20分くらいがベストですが、半身浴で長めに浸かるのも効果的です。ただし、長風呂のしすぎは体に悪いのでほどほどに。前後は水分補給を忘れないようにしてくださいね。

デトックス方法⑥ リンパマッサージ

リンパにそって体を優しくマッサージすることで、老廃物の排出をスムーズにします。ワキの下や鎖骨、ふくらはぎを軽くもむようにマッサージ。体の中心方向に流すのがコツです。

また、足の裏にある勇泉(ゆうせん)というツボは、体の巡りを促す効果があります。人差し指と中指の間、土踏まずの部分にあるので、優しく押してください。3分間毎日マッサージすれば、体がスッキリします。

やりすぎは危険?デトックスの注意点

デトックスの目的は体質の改善なので、時間をかけておこなう必要があります。短期で一気に毒素を抜くのは、体にも良くありません。

たとえば、腸内洗浄や1日ジュースクレンズなど。短期集中型のデトックスは体に負担がかかるものが多く、逆効果になってしまいます。

「無理なやり方」「自己流のやり方」はNG!体への悪影響が心配ですし、ストレスもたまってしまいます。確実にじっくり毒素を排出することが、デドックスへの第一歩です。

また、デドックス用のドリンクや栄養食品にも、注意してください。添加物が入っている商品が多く、毒素を分解する腎臓に負担をかけてしまいます。

「あの芸能人が痩せた!」「短期間で驚くべき効果が!」というような広告を良く見ますが、お金が無駄にかかるだけです。

効率よくデトックスをしたいならホットヨガがおすすめ

ホットヨガには、「発汗」と「血行促進」の効果があります。汗で老廃物や不純物を流しながら、むくみを改善。血行やリンパの流れが良くなれば、毒素がスムーズに排出されます。

さらに、溜めやすい体になる原因である「冷え」「代謝の低下」「運動不足」の解消にも!新陳代謝が良くなるので、若々しい体を取り戻せます。老廃物が溜まらない体になるので、デトックスに最適なのです。

他の方法と違って効果が実感しやすいので、モチベーションが維持できます。リラックス効果やストレス解消にもなり、続けやすいのが魅力です。

ホットヨガ おすすめランキング

正しいデトックスで毒素をためない体をゲットしよう

まずは小さな目標から

デトックス方法は色々ありますが、キツいものだと続きませんよね。無理に断食をしても、ストレスになってしまいます。

体への負担がかかってしまうので、まずは簡単な方法から始めましょう。添加物が入っている加工食品を避ける、甘いものを少し我慢する、といった内容でもOKです。

時間をかけて健康的な習慣を身につける

健康の維持は、毎日の日常生活が一番重要です。すぐに改善とはいかないので、少しずつ習慣を直していきましょう。毒素が溜まりにくい生活を続ければ、色々な体の悩みは解消されます。

投稿日:

ホットヨガ TOP

Copyright© ホットヨガおすすめランキング|痩せる以外の効果も先輩が解説! , 2019 All Rights Reserved.