手足に症状が表れやすい女性に多い冷えは、血行不良や自律神経の乱れ、筋力不足や運動不足などで症状を悪化させます。その改善のために生活習慣や食生活の見直しが挙げられ、中でも筋トレや運動による代謝の促進にはホットヨガがおすすめです。

足と手だけ冷たい冷え性の原因と対策!冷え性を改善する食べ物・ツボ・ホットヨガ

寒い冬はもちろんのこと、暑いはずの夏場にも身体が冷えてしまうという女性、多いですよね。

ひざ掛けやカーディガンが年中手放せませんし、あまりに酷いと頭痛、腹痛、手先や足先の痛みが伴うなんていうことも。

早急に何とかしたいというかた、その原因や改善方法を今一度見直していきませんか。

女性の7割近くが冷え性?女性に冷え性が多い理由とは

女性同士で身体のことをお話しをしていると、冷え性に関することで共感することって多いですよね。それもそのはず、実に女性の半分が冷えを患っているとされているんです。

男性に比べ筋肉が少ないため熱を生成することが少し苦手。それに加えて生活習慣の乱れによって体温調整がますます上手くできなくなったり、全身に熱を巡らせる機能を衰えさせてしまっているかたが多く見られます。

そんな中で、特に症状が顕著なのが、熱が行き届きにくい手先や足先などの末端。ただ、冷えを生じさせる原因がある以上、そこを改善していけば緩和させることが十分に可能なんですよ。

冷え性の原因とそれぞれの対策方法

自律神経のバランスの崩れ

アクティブな時に優位になっている交感神経、リラックスしている時に優位になっている副交感神経、この2つがバランスよく機能している状態が理想的。呼吸や心拍、内蔵機能や血流を整える機能で、特に意識をしていなくても働くから「自律神経」なんです。

ただ、この自律神経はとてもデリケート。ストレスが溜まったり不健康な生活を送っていると正常に働かなくなってしまい、暑い時に汗をかいたり寒い時には熱を放出しないようするといった、体温調節が上手にできなくなってしまいます。これが冷えの要因になるんですね。

予防のためにも、心身の健康を考えて過ごすことが大切。ストレスは発散すること、規則正しい生活を送ること、夜更かしや食生活の乱れは厳禁ですよ。

身体にフィットする下着の利用

熱を運ぶのは血液。その流れが滞ってしまう1つの原因が衣服による締めつけです。

冷えが気にるかた、身体にピッタリくる下着や洋服を愛用していませんか。とくに太い血管が通っている太腿を圧迫してしまうと、下半身の冷えに繋がりやすいので要注意ですよ。

小さなパンツやスキニージーンズなどはなるべく避けておきたいところですね。もちろんブラジャーもそう。

ワキや胸部が圧迫されたら、指先までスムーズに血液が流れなくなって冷えやすいんです。

ある程度余裕のある下着や洋服を身につけてくださいね。実はフィットするものよりも、服と服の間に空気が入ったほうが暖かさを感じやすいんですよ。

血液の循環機能の低下

女性には低血圧に悩んでいるかたも多いですよね。先述通りに、血流と冷えは大きく関係しているもの。血液量が足りていない人も全身に十分に行き渡らせることができずに、冷えの原因になります。

血圧が低いのは体質だからと諦めてはいませんか。血液量を増やすためにちゃんと栄養を摂っていますか。

血液不足や循環機能の低下はダイエットをしているかたにも多く見られる症状。ますます冷えてドロドロ血になり血流が滞るといった悪循環に陥りますから、きちんとバランスよく食事を摂ってくださいね。

運動をして代謝機能を促進させることも大切です。

筋力量の不足

女性は男性と比較しても筋力量が少ないのが冷えやすい要因。その上、運動習慣がない人はさらにその機能を衰えさせ、冷えを悪化させてしまいます。

筋肉って血液を送り出すポンプの役割もあるんですよ。たとえば、足が冷えやすい人の多くはふくらはぎの筋力不足。ちゃんと血液を心臓まで送り返せないので、冷えたりむくみやすくなるんです。

解消のためには1にも2にもまず運動。じっとしてるより動くことで手足が温まりますよね。これは血流量がアップしているから。

勢いよく血液を巡らせることができる身体作りに、簡単なエクササイズでいいので筋トレを習慣化しましょう。

ホルモンバランスの崩れ

特に年齢を重ね、2つある女性ホルモンのうちエストロゲンの分泌量が減ってくると更年期の症状が表れ、自律神経を乱しやすくなります。体温調整が難しくなることで冷えを感じたり、逆に火照りを感じたりと実に厄介です。生理周期が乱れやすい人も要注意。

そんな辛い症状の緩和には、健康的な生活を送ることが何より。

美味しいものを食べてよく運動すること。また、エストロゲンの働きを手助けする大豆製品やエクオールなどのサプリメントを摂るのもおすすめです。

どうして手足が冷えやすいのか

いろいろな冷えの原因があり、対策が可能であることがわかりました。ですが、どうして手足ばかり症状が表れやすいのか気になりますよね。

まず、熱量というのは生命活動の維持に大切な要素。そのために必要な器官に優先的に消費されるものなんです。ですから、内臓が詰まっている身体の中心に熱を運ぶ血液を集めようと働きますし、末端器官である手足が後回しになってしまいます。

だからこそ、運動などで血液の循環機能を高めることはもちろん、冷えの解消にはその熱量の元になる充分なエネルギー摂取が必須なんです。そのためにも、しっかり食べておきたいものがあります。

冷え性改善にはこれを食べよう

食べものはいわば、身体を動かすガソリンのようなもの。

燃焼するものがなければ働きが弱まってしまいます。そんな熱の元になるのは主にタンパク質と炭水化物、そして脂質です。何だかダイエットの天敵のようなラインナップですが、身体にとっては不可欠な栄養。

もちろん摂りすぎは肥満や生活習慣病の原因になるので気をつけなければならないものの、きちんと食べて熱量を作らなければなりません。穀物やイモ類、豆類や肉や魚、いろいろなものを満遍なく食べましょうね。

あとは、血行促進効果が期待できるビタミン豊富な根菜、ショウガやネギなども積極的に摂り入れたいところです。もちろん、いずれも冷えを悪化させないように温かくして摂取してください。

また、健康的な食生活を意識した上で簡単な対策を実行することで、冷えの改善を試みることができるポイントがあります。

ふとした時に実行できる冷え性に効くツボを刺激

何だか冷えるなと思った時、その症状を簡単に緩和できる方法があったらぜひ行いたいところ。そこでおすすめなのがツボの刺激になります。これだけなら、いつでもどこでも実践できて便利ですよね。

たとえば、おヘソから指2本分下部にある「気海」。身体の中心にあるここを痛くない程度に刺激することで、全身の血行を促進する効果を期待できます。

手が冷える時には「合谷」。親指と人差し指の付け根が交わる部分に、あるちょっと凹んでいて押してみるとじんわりと痛くなるところですね。ここをグリグリ刺激すると冷えの解消と肩こり解消作用が得られるとされています。

足の冷えには「三陰交」。くるぶしから指4本上にあるツボで、冷えはもちろん、特に女性特有の身体の悩みの改善に効果的ですよ。

食生活を見直す。ツボで症状を軽減する。さて、さらに本格的に冷えの改善に乗り出してみたくはありませんか。あともう1つ、有効な対策として挙げられている運動を、ホットヨガで行うのがおすすめなんです。

辛い悩みを克服できるホットヨガの魅力

ホットヨガは文字通り、常温ではなく高温多湿な空間で行われるレッスン。

簡単な運動だけでも汗をたくさんかけるので、効率よく代謝機能をアップすることができることから、冷え性の改善策として注目されています。

エクササイズによって筋力が強化されれば血流量もアップしますし、骨盤の歪みを正すのにも効果的。

正常な位置に戻れば滞っていた下半身の血行を促進できるので、冷えやむくみの軽減にも役立ちます。

それに、適度な運動は自律神経やホルモンバランスを整えるのにもベスト。ホットヨガって辛い症状の改善に役立つとされていることが一度に実行できちゃうんですよ。

諦めずに改善に乗り出そう

冷えるのは仕方がないことと諦めることなかれ、しっかり食べてよく眠る規則正しい生活、身につけているものの見直し、おすすめのホットヨガによる運動不足の解消と筋力量アップにより、十分に改善に導ける症状なんです。

何もしないでいたらそのままですが、ちょっとした努力で解消できるなら、実行するしかありませんね。

投稿日:

ホットヨガ TOP

Copyright© ホットヨガおすすめランキング|痩せる以外の効果も先輩が解説! , 2019 All Rights Reserved.